top›103万円の壁、130万円の壁とは?

103万円の壁、130万円の壁とは?

<広告>

<広告>

フルキャストという会社を聞いた事があるという人もいると思いますが、フルキャストというのは派遣会社の事です。 フルキャストで派遣の仕事をした事がある、もしくは現在でもフルキャストで派遣の仕事をそしているという人も多いでしょう。

そんなフルキャストの評判は賛否両論あるのですが、あまり稼ぐ事ができないという評判が多くなっている傾向にあるようです。

そこで問題になってくるのは、フルキャストでの派遣だけではなく、アルバイトやパートでよくある事なのですが、103万円の壁や、130万円の壁などと言う事を聞いた事があるという人もいるでしょう。

これって何の事と思う人もいると思いますが、実は税金の問題なのです。 まずは103万円の壁ですが、これは年間の所得が103万円を超えてしまうと所得税の支払い義務が発生するという事です。

しかし、たった103万円の年収では、生活していくのにかなり不自由な面があるでしょう。 問題なのはそこではなく、103万円を超えた時に発生する所得税の支払いによって、ぎりぎり103万円を越えなかった人の方が、実際手元に残るお金が多くなるという事です。

一方の130万円の壁と言うのは、年金保険料と健康保険料を納めなくてはいけなくなるという事です。 これは一人暮らしの場合は特に問題ないのですが、扶養家族がいる時に適用されます。

例えば父親の社会保険に母親が加入しているとしましょう。 その場合に、母親の収入が130万円を超えてしまうと、扶養から自然に外れ、社会保険料を個別に支払わないといけなくなるのです。

<広告>

<広告>