top›人材派遣ビジネスの歴史

人材派遣ビジネスの歴史

<広告>

<広告>

人材派遣という形態の業務が日本で誕生したのは、1966年にアメリカのマンパワー社、日本法人マンパワージャパンを設立したときからだと言われています。

マンパワージャパン設立以前でも、江戸時代から人足貸しや人貸しなど、建設業を中心とした労働者の派遣はおこなわれていましたが、法律の規制がなかったために、派遣労働者の又貸しや低賃金など、労働者の条件が非常に悪いものでした。

当時は、人貸しをおこなう業者は闇金などが多く、日本での人貸しは社会的に良くない仕事だと見られていました。 このような真っ当でない仕事を生まれ変わらせるきっかけになったのが、マンパワージャパンの設立です。

設立当初は、日本にある外資系会社へ事務職派遣からスタートし、少しずつ商社、銀行に派遣先を拡大していきました。 1973年にはテンプスタッフやアデコ、パソナなど大手派遣会社が続々と設立され、1986年に労働者派遣法が制定、1990年代には不況の影響で派遣業界の業績が一気に上昇しました。 その頃に、フルキャストも派遣業界に進出し、現在も大手派遣会社として業績を上げています。

不況の煽りで、短期雇用の需要が高まり、派遣労働者は企業によって好都合な労働者として利用価値が高くなりました。 日本の派遣業の歴史は、法律の制定がおこなわれてから20年しか経っていないので、適切な法律や制度を見直す必要もありますが、急激に成長していることは間違いありません。

<広告>

<広告>