top›労働者派遣法による人材派遣の規制

労働者派遣法による人材派遣の規制

<広告>

<広告>

労働者派遣法は、1987年に移行され、現在までに数度改正がおこなわれた労働者を雇用する形態に関して取り決めた法律で、事業主だけにメリットのある雇用ではなく、労働者にもメリットのある、派遣先のために労働をさせる雇用を法的に定めています。

もともとは、派遣労働者の就業に関する条件の整備、労働現場で労働者の権利を確保するというために定めていましたが、派遣労働者は正社員に比べ安い賃金で雇うことが出来るので、企業は人件費を削減出来るメリット、派遣労働者は労働形態を柔軟に決められるメリットがあります。

しかし、派遣労働者の低賃金、福利厚生などの雇用条件は整っていないのが現状です。 1986年の施行から、改正するたびに派遣労働者の業務拡大、労働条件の整備はおこなわれています。 2006年の改正労働者派遣法は、派遣の受け入れ期間延長、福利厚生向上などが盛り込まれるようになりました。

派遣労働者は、正社員で雇用されている労働者に比べると、賃金も安く、福利厚生も整っていない、受け入れ期間がくれば解雇されることもあるので、職業の安定が困難です。

一般社員と派遣社員では適用される規則が違うので、派遣労働者は人材派遣の規則を頭の片隅にでも入れておくことで間違った業務命令を受けずにすみます。

人材派遣事業は今後も拡大していくことが予想されているので、再び派遣労働者に少しでもメリットがあるように労働者派遣法の改正があると考えられています。

<広告>

<広告>