top›人材派遣のデメリット

人材派遣のデメリット

<広告>

<広告>

人材派遣とは、企業から直接雇用されている正社員などの形態とは違い、派遣会社に登録し、派遣スタッフ、派遣社員として働きます。

人材派遣には、ライフスタイルに合った仕事をすることが出来るメリットや、能力を評価されやすいなど多くのメリットがありますが、派遣労働者は正社員とは雇用形態が違うことでデメリットもあります。

能力のある派遣労働者の場合は、能力やスキルが評価され、スキルアップで収入が増えることが多くありますが、企業が求めている能力がない場合は、収入に大きな差があります。 保険などの福利厚生が正社員に比べ充実していません。

フルキャストの場合は、日雇い労働が多いので、賞与や退職金はもちろん支給されることはありません。 派遣先が何度も替わることで、孤独を感じることや、将来への不安を感じることもあります。 景気低迷により正社員でもリストラを通告されることは少なくありません。

フルキャストでは、出勤前や出勤後に何度か報告の電話をする必要があるので、他の人材派遣に比べると手間がかかることが多くあり、派遣先での勤務時間が長くなり終わるのが遅くなってしまえば、出勤日に給与の受け取りが出来ないことも多くあります。 給与受け取りの時間が決まっているので、確実な日払いではありません。

支店により異なりますが、週払いや月払いで指定口座に振り込みをするフルキャスト事務所も多くなって来ています。 人材派遣はデメリットだけでなく、メリットも多くあります。

<広告>

<広告>